運輸業者選びのポイントを知っておこう

依頼を行う

引越し業者にピアノの引っ越しを依頼する際には、一般的な費用よりもプラスで費用がかかってしまいます。しかし、その分安心して移動を行うことが出来るのです。安全性を確保しましょう。

詳細を確認する

見積もりサービスを行う

引っ越しは、運ぶものの数や重さによって、大きく利用料金が異なります。そのため事前に見積もりをしてもらい、ある程度の金額を把握しておくことが必要になります。業社に依頼を行いましょう。

当社では大量発送や品質を維持しながら価格ダウンが可能です。発送代行をお考えなら是非当社にお任せ下さい!

詳細を確認する

方法の比較を行う

引越し業者を探す際には、テレビや雑誌の広告だけでなく、他にもインターネットを利用して探す方法が存在します。依頼する前には一括見積りサイトを利用してみることが重要になるのです。

詳細を確認する

陸送で運んでもらう

最近では陸送の需要が高まってきています。陸送は様々な方法が存在します。トラックだけでなく、バイクでの配送もあるのです。様々なニーズに応えてくれるのが陸送なのです。

詳細を確認する

ピアノの運送

コストダウン化を図るためにネット通販会社が利用しているのは発送代行というサービスです。在庫の管理から発送まで幅広く扱っています。

ピアノ引越しはオプション料金

引越し時にピアノのある家庭は、通常の荷物を運ぶのとは違う特殊な運び方をしますので別料金がかかります。対応していない業者もありますので、専門業者に依頼するか大手引越業者に引越しを依頼して、オプションでピアノの運搬も追加し、大手業者と提携している専門業者が担当するかのどちらかになります。どちらがいいのかは見積もりをみて決めてもいいです。また、種類によっても料金が変わってきます。アップライト、グランド、電子ピアノ、エレクトーン、特にグランドとなると一番デリケートですのでちょっとした移動や湿度、温度、振動などによっても音が変わってきてしまいます。運ぶにも技術が必要なので基本運賃以外にオプション料金がかかります。

追加料金がかかるケース

引越しの基本運賃にオプション料金を追加することでピアノの運搬をしてくれます。さらにグランドやアップライトといった種類によっても料金が変わってきます。さらに追加料金が発生するケースがあるのです。それは転居先のマンションの場合エレベーターが使えないケースです。ピアノが入りきらない小さいエレベーターのスペースだと階段で運んでいくことになります。さらに通路も狭いとなるとクレーンを使って窓から搬入します。そのほかにも手吊りであったり外階段を使用するとなると作業人員も増やさなければなりませんので追加で引越し料金がかかります。何階に引越すのか、エレベータの有無などは見積もりのときにしっかりとつたえておきます。

代行をしてもらう

発想を行う際には、自身で行うこともひとつの手段ですが、それだけでなく、発想の代行をしてもらうことも一つの手段です。代行してもらうことによって、手続きを極力失くすことが出来るのです。

詳細を確認する